【感想】オリエント急行殺人事件【ネタバレあり】

スポンサーリンク

あらすじ

1974年にも映画化されたアガサ・クリスティの名作ミステリーをケネス・ブラナーの製作・監督・主演、ジョニー・デップ、ミシェル・ファイファーら豪華キャストの共演で新たに映画化。トルコ発フランス行きの寝台列車オリエント急行で、富豪ラチェットが刺殺された。教授、執事、伯爵、伯爵夫人、秘書、家庭教師、宣教師、未亡人、セールスマン、メイド、医者、公爵夫人という目的地以外は共通点のない乗客たちと車掌をあわせた13人が、殺人事件の容疑者となってしまう。そして、この列車に乗り合わせていた世界一の探偵エルキュール・ポアロは、列車内という動く密室で起こった事件の解決に挑む。主人公の名探偵ポアロ役をブラナー、事件の被害者ラチェット役をデップ、未亡人役をファイファーが演じるほか、教授役にウィレム・デフォー、家庭教師役にデイジー・リドリー、公爵夫人役にジュディ・デンチ、宣教師役にペネロペ・クルスが配されている。

感想

結構前から友達と観に行こうと約束していたんですが、ようやく行けました。こういうミステリー系はネタバレが怖いですからね。早く観ないとその分オチを耳にする可能性が高まってしまうわけなんですけど・・・。

それでもこのポスター見たときには、ポスターでネタバレすんなよって思いましたけどね。ジョニーデップが出てる時点でちょい役ではないだろうと。犯人はジョニデなんだなと勝手に思い込んでいました笑

そんでしばらくして、昔小説を読んでいたのを思い出して、そういえば全員犯人だっていうオチだったなぁと・・・。
友人はジョニデ絶対怪しいと言ってましたけど、僕はもうオチを思い出していたので生返事しか返せず。まあ、最終地点はもう忘れているので、現代の映画技術でどうオリエント急行殺人事件をやるのかを楽しもうと思いました。


動画引用元https://www.youtube.com/watch?v=143K4aqT9-I

序盤、どことなくレトロな雰囲気が漂います。ポアロの人となりを紹介し、簡単な事件を解決。凄腕の探偵であることを見せつけてくれます。ちなみに一時期探偵に憧れていた時期が僕にもありました。ミステリーは結構読んでて、でもポアロやホームズのような探偵の職業はないんだって思ってしょんぼりした記憶が笑

台詞回しもレトロ。でもそれがいい。時の洗礼を受けた偉人の名言のように聞こえます。
そして豪華列車が雪崩で脱線するとほぼ同時に発見される死体。なんとジョニデです。ちょい役にはしないだろうと思ってましたが、犯人側ではなく被害者というパターンなのでちょっとだけ予想は当たったかなw

死体をしっかり映さずに遠巻きの映像だけというのには違和感ありました。がっつり写すと15Rかなんかになってしまうんでしょうか?

アクションや銃撃シーンは一箇所ずつくらいしかないですけど、台詞を聞き漏らしてはいけないということで、集中して見ることができました。2時間弱があっという間です。

終わった後ようやく全員犯人というオチについて友人と語れてすっきりしました笑

久々にアガサクリスティー読みたくなりました。そして誰もいなくなったは読んだし、今度ABC殺人事件も映画化されるという噂を聞いたのでそれ以外ですね。確かコナンでもオリエント急行殺人事件をオマージュした話が黒の組織絡みであったとか聞きましたけど・・・年末年始の休みにコタツでゆっくり読みたいですね。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です