ベイウォッチ感想

スポンサーリンク

あらすじ

水難救助隊ベイウォッチのライフガードたちの活躍を描く人気テレビシリーズ「ベイウォッチ」を、「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソン&「ダーティ・グランパ」のザック・エフロン共演で劇場版リメイク。ベイウォッチを率いる熱血ライフガードのミッチ・ブキャナンは、元オリンピックメダリストの生意気な新人マットの扱いに苦労していた。そんなある日、小型船が炎上しているとの情報が入り現場に駆けつけた彼らは、船内で不審な遺体を発見する。さらに乗船者が覚醒剤を所持していたことから犯罪組織の関与を疑ったミッチたちは、クラブオーナーのビクトリアのパーティに潜入し真相を突き止めようとするが……。ビクトリア役に「バルフィ!人生に唄えば」のプリヤンカー・チョープラー。デビッド・ハッセルホフ、パメラ・アンダーソンらオリジナル版のキャストも登場する。「モンスター上司」のセス・ゴードン監督がメガホンをとり、「フレディVSジェイソン」のダミアン・シャノン&マーク・スウィフトが脚本を手がけた。
引用元:映画.comhttp://eiga.com/movie/87197/

感想

ワイルドスピードに出演しているドウェイン・ジョンソンが主演ということでレンタルしてきた映画。

ドウェインジョンソンが筋肉使うたびに笑えました。
ホントムッキムキですね。水着でビーチを走ってる姿がめちゃめちゃいかついです。

テイストは全体を通してコミカルな感じ。後半にかけては殺人事件が起こり、何者かの陰謀が見え隠れする展開にはなりますが、基本的にはギャグ路線です。

アクションはアクション映画みたいな華麗なものというよりは、筋肉を使ったSASUKE的なアクションです。

ドウェインジョンソンが脳筋全開でビーチで起こる様々なトラブルを解決していく映画ですね。ドウェインジョンソンのファンムービーみたいな感じになっているので、ワイスピ観て気になった方にはいいのかなぁ。

一番の見所はドウェインジョンソンのキスシーンかなwクッソ笑いました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です