「心が叫びたがってるんだ。」みたいな青春っていいね

スポンサーリンク

映画館で観てからずっと、レンタル始まったらゲオかどっかで借りて観ようと思ってたんですが見れず、今日地上波でやってることに気づいて慌ててチャンネル変えましたよ!

やってたのは2年くらい前ですかね〜?

「あの花」のスタッフの映画ということで事前情報なしで観に行ったわけですが、やっぱ2回目も面白いです。

やっぱ夏はこういう青春っぽい映画見たくなりますね。

あとホラー系!ラストサマーとかいいですねぇ。

や、ここさけに話を戻しましょう。

初っぱなから、

お城(という名のラブホ)

→ラブホからパパが出てくる

→離婚

→パパが実の娘にいう言葉がクズすぎる

の流れるようなコンボがヘビーすぎて意外というか、苦笑いました。

そして、喋れない女の子が喋れるようになるまでの話かと思ったらちょっとは喋れるんですね。

意外なとこ結構ついてきて期待大ですよ。

で、文化祭の反応はリアルですね。

ラノイチもそんなに真剣にやらなかった、というかなんか映画やったなとかしか記憶がないんで、こういうの見るとやったほうがいいのかなって思いつつ、でもやっぱり今当時に戻れたとしてもやらないんでしょうね汗

人生ままならないものです。

すげええってなったのは曲が二つ合わさるところ。

「悲愴」と「over the rainbow」ですね!

両方とも知ってる曲だったんで感動しました。

とんでもない破壊力ですよ!

しかも、ブルグミュラーのアラベスクとかラノイチ小学生の時ピアノ習ってたんで今でも弾けますよ。

それにしても、「わたしの声」歌いながら入ってくる順はゾッとするくらいの迫力だった。

原曲はグリーンスリーブスかな。

曲がいい映画はいいですねー。

シャッフルで流れてくる曲聴いたら映画の名シーン思い出せますから。

乃木坂の曲をエンディング流れてる時にshazamして即ダウンロードしました。

その後しばらくはヘビロテしてたんですけど、今回サントラもポチりましたw

ていうか、写真夏の風景にしちゃったけど、雪出てくるし、これ冬の映画だー笑

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です